らゆるマーク認証取得の総合卸問屋『マークブランドプロデュース協会』マーク普及促進と企業ブランド構築 認証取得支援コンサルティング 僕俺株式会
      
い/簡単/格安/選べるマークの資料請求比較サイト『マークタイムズドットコム』が成功させるマークブランディング 認証取得コンサルタント完全無料紹

      

  

              

        
   

支援実績

Q&A

ISO・マネジメントシステム

ISO9001

ISO14001

ISO27001

プライバシーマーク

ISO13485

ISO22000

HACCP

ISO20000

OHSAS18001

ISO/TS16949:2002

ISO17025

ISOの統合・リフォーム


1.企業経営に役立つISOマネジメントシステムの統合

 ISOマネジメントシステム規格は、日本で普及しはじめて10年以上が経過し、企業の管理システムの基準として認められてきました。すでに9万社以上が認証取得しており、2つ以上のISOマネジメントシステムを企業の経営に活用している会社も数多くあります。
 会社の業務は、本来経営層から始まるマネジメントシステムによって一つの流れで管理されているはずです。会社の業務に対して、例えば品質から、環境からというように個別にマネジメントシステムを作り、それぞれの区分で管理しようとすることから、経営に役立たない、会社の業務とは別物になっているなどの問題、課題が生じます。また、複数のマネジメントシステムは、個別の運用でムダ、ムリが生じます。
 統合とは、そのような複数のマネジメントシステムを一元化し、企業のマネジメントシステムへ一本化しようとするものです。その目指すところは、企業の経営上の多様な問題点・リスクを総合的に抽出し、それを改善できる仕組みを作り出すことにあります。

2.統合マネジメントシステムのすすめ

1. 複数のマネジメントシステムを独立して運用することの問題点
  ISO9001、ISO14001を個別に運用していて以下のようなことを感じていませんか?
  (1) 管理体制(組織、責任権限、等)が複数あり、錯綜している。1つの部署に複数の指揮命令系統がある。
  (2) 文書体系が複数あり煩雑だ。記録も重複しているものがある。
  (3) 内部監査、外部審査の回数が多い。
  (4) マネジメントシステム間で一部矛盾が生じている(一方を追求すると他方が犠牲になるような両立し得ない関係がある)。
(5) 経営に役に立つISOになっていない、利益に貢献していない。
(6) ISOを維持していくための費用負担が大きい。
2. マネジメントシステムを統合することの利点
  (1) マネジメントシステムの重複を解消し、会社・組織のマネジメントシステムに一本化できます。
    a) 管理体制の統一化・最適化:指揮命令系統を一元化し、多角的かつ迅速な判断が実現します。
    b) ルール・文書、記録:管理項目のスリム化により、会社・組織の業務と一体化(日常活動化)します。
  (2) 目標管理の仕組みを統合して、会社・組織全体の事業計画に連動し、経営上の重点課題と現場の活動を一体化して、企業体質の強化につなげます。
  (3) 業務全体から様々な問題・リスクを見える化し、経営上のより重要なポイントに焦点を当て、継続的に改善できる仕組みにします。
  (4) 経営判断/決定のための一元化した情報が得られます。
  (5) 内部監査の有効化、工数低減になります。
  (6) 外部審査機関による審査工数が減り、維持費用の節減になります。
(統合審査 最大20%削減、統合の程度により審査工数は異なります)
3. 統合マネジメントシステムの程度(複合−統合)
   統合マネジメントシステムの基準は、統合の対象とするISOマネジメントシステムの規格要求事項を総合したものです。
 しかし、統合の程度は、企業の考え方、取組み方により、いわゆる「複合」からより一元化された「統合」まで、システムの構成に幅があります。従って、マネジメントシステムを統合することの利点はその統合の程度(複合→統合)に応じて異なります。(次項参照)

3.ISOマネジメントシステム複合・統合の方法

1. 複合・統合の考え方
   個々のマネジメントシステムのタイトル(品質、環境、など)をできるだけ意識しないような、企業の目的を達成するための一体化したシステムの構築を目指します。また、これまでの運用からの問題点、改善点を踏まえ、企業の目的に合ったシステムにスリム化し、有用度の少ない手順を廃止します。
 複合・統合のシステム構成は「ISO9001-ISO14001複合・統合例」に示すように多様です。個々の企業の考え方に合ったシステム構成により、複合・統合に取り組みます。

 

ISO9001−ISO14001統合例
  区分 統合内容 文 書 審査
1 複合I (1)規定の一部を共通化し、重複を避け、スリム化。
(2)マネジメントシステム運用は個別。
(1)品質、環境マニュアルを個別に作成。
(2)規定の一部を共通化(文書・記録管理、内部監査、マネジメントレビュー等)。
(3)方針、目的・目標、実行計画は個別に作成。
複合
2 複合II (1)規定を極力共通化し、重複を避け、スリム化。
関連する記録様式も共通化。
(2)マネジメントシステム運用を現状のままで一体化。
(3)内部監査、マネジメントレビューの統合(同時実施)。
(1)品質、環境マニュアルを個別に作成。
(2)規定を極力共通化 (上記に加え、目的目標の管理、コミュニケーション、教育、不適合、是正・予防処置、など)。
(3)方針は個別に作成。
(4)目的・目標、実行計画は一本化。
複合
3 統合I (1)1つの文書体系。
(2)現状のままでマネジメントシステムを一体化し、運用。
(3)経営、事業推進の一部を統合マネジメントシステムにのせる(目的・目標、実行計画)。
(4)業務改善、スリム化を目指す。
(5)内部監査、マネジメントレビューの統合(同時実施)。
(1)統合マニュアルを作成。
(2)規定は統合マニュアルに整合して一元化。
(3)方針、目的・目標、実行計画は一本化。
複合
4 統合II (1)経営、事業管理と一体となる統合マネジメントシステム。
(2)リスク評価の考え方を入れる。
改善・レベルアップを目的とする。
(3)プロセス管理、全てのプロセスに目標値・基準を設け、PDCAで管理。
(4)内部監査、マネジメントレビューの統合(同時実施)。
(5)経営と直結する運営。コストや利益管理を行い、全社パフォーマンスをトータルで向上させる。
(1)品質、環境マネジメントシステムで組織を同一とし、経営者及び管理責任者を同一とする。
(2)リスク評価、改善・レベルアップを含む統合マニュアル作成。
(3)全ての文書、記録は企業活動と一体化する。
統合

 

2. 複合・統合のプログラム
Step 項 目 内 容
(1)

ISOの考え方を変えます 事業運営上の問題は何か、ISOをどうしたいのか、目的を明確にします。
ISOのためのISOから事業経営のためのISOへ
[事業経営のためのマネジメントシステムの理解]
(2)



ISOのシンプル化 企業活動を最も効率的に実施できるシステムを目標に、ISOの棚卸、整理・整頓、ムダ・ムリ取りを行い、業務との一体化を目指します。
[文書・帳票、ルールの見直し、シンプル化]
ISOの統合・複合 複数のISOマネジメントシステムを統合或いは複合化し、一元化されたシステムにします。
[システムの統合/複合]
(3) 事業経営のためのISOへ 企業経営の中で、ISOを企業活動全般の改善・レベルアップのための仕組みとします。もう審査を意識しない。
[改善・レベルアップの目標設定、PDCAの見える化]

 

3. 複合・統合のスケジュール例
   ISO9001とISO14001の複合・統合システムを目的とした一般的なスケジュールは次のようになります。
実施項目 活動期間(月)
1 2 3 4 5 6
システムの統合
1
現状システムの把握
複合システムの構成検討
         
2
品質、環境マニュアルの見直し/統一化      
3
Q・E規定類の見直し、共通規定の作成
・規定のスリム化、削除、改善の検討
  −− −− −−  
4
Q・E手順書、帳票類の見直し、共通文書の作成
・文書、帳票のスリム化、削除、改善の検討
  −− −− −−  
5
目的・目標の一元化       −−    
システムの運用、教育
6
内部監査員レベルアップセミナー(1日)
         
7
内部監査実施(統合システムでの)          
8
マネジメントレビュー実施          

 

**実施項目の内容**

  (1) 複合・統合システムの考え方、構成を決定するために、現在のシステム文書を調査し、問題点、検討項目など把握します。
  (2) 品質、環境マニュアルは複合を考慮して見直します。マニュアルを一元化する場合は統合マニュアルを作成します。またその際にも、複合システムの基本的な構成を検討します。
  (3) 規定類は、品質、環境の共通規定のサンプルをもとに、現状の見直し、今後の改善点を盛り込み、かつスリム化を旨に改定します。また、利用度の少ないものは廃止を考えます。
  (4) 手順書、帳票は、規定類と同様に現状の見直し、今後の改善点を盛り込み、かつスリム化を旨に改定していきます。また、上記同様、利用度の少ないものは廃止を考えます。
  (5) 品質目標、環境目的・目標は一元化し、1つの実行計画書で管理できるようにします。
  (6) 内部監査員が複合(品質、環境)で監査できるようにレベルアップのための1日セミナーを行います。
  (7) 内部監査で、複合システムでの活動状況をチェックします。
  (8) マネジメントレビューは品質、環境で同時に実施し、複合システムの構築、運用状況を検討します。同時に、複合システム文書の修正を行います。

   



        

   

マーク一覧  マークブランディングとは?  MarkTimes.com 基本理念  ニュース  ブログ  採用情報  ご質問  サイトマップ  English  

ホーム サービス案内 サービス導入事例 会社情報 採用情報 パートナー 協会のご案内 広報リリース 販売統計 入会のご案内 資料ダウンロード
おすすめまーく 資料請求のメリット 弊社サービス8つの強み 社長メッセージ コーディネーター紹介 クライアントの声 導入事例・実績 導入の流れ・サポート体制
Choose Your Lovely Mark 資料請求・お問い合わせ MARK MAN 成功するISO認証取得のコツ コンサルティングプラン セミナー 支援実績 Q&A

■プライバシーマークについて   ■ISOについて   ■プライバシーマークとISOの比較   ■当サイトの利用方法

ISO9001(品質) ISO14001(環境) ISO27001(情報セキュリティ) プライバシーマーク ISO13485(医療機器) ISO22000(食品安全) ISO9100(航空宇宙) HACCP ISO20000(ITサービス) OHSAS18001(労働安全衛生) ISO/TS16949(自動車) ISO17025(試験・校正機関) ISOのリフォーム ISOの統合

■マークブランディングとは?■ ■マークを知ってもらう!■ 国マーク 省庁マーク 官公庁マーク 行政マーク 役所マーク 都道府県マーク 市町村マーク
地方公共団体マーク 財団法人マーク 社団法人マーク 公益法人マーク 独立行政法人マーク NGOマーク NPO(特定非営利活動法人)マーク 医療法人マーク
社会福祉法人マーク 宗教法人マーク 監査法人マーク 弁護士法人マーク 税理士法人マーク 司法書士法人マーク 社会保険労務士法人マーク 行政書士法人マーク
特殊法人マーク 許可法人マーク 中間法人マーク 特別民間法人マーク 企業ロゴ・マーク 業界団体マーク 研究機関マーク 任意団体マーク 協同組合マーク

営業代行支援サービス 営業一括代行 営業アウトソーシング コンサルティング テレマーケティング 営業マン派遣 各種代理店制度 WEB戦略 FC展開
クレーム処理収集 ブランディング 営業代行最適化 多面的進化型営業局 マークタイムズドットコム MBP協会について 無料広告掲載のお申し込み

 【MBP協会関連団体企業】
・マーク付与普及促進関連団体  ・マーク認証取得支援関連企業  ・PRブランディング関連会社  ・マーク認証取得済み企業  ・新マーク創造開発普及促進

■士業のみなさまへ!  ・弁護士MARK! ・司法書士MARK! ・税理士MARK! ・会計士MARK! ・弁理士MARK! ・行政書士MARK!
 ■士業をMARKする!  ・中小企業診断士MARK! ・社会保険労務士MARK! ・経営コンサルタントMARK! ・保険コンサルタントMARK!

●マークブランディング  ●シンボルマークブランディング  ●トレードマークブランディング  ●キャラクターブランディング

※バナーの使用について    ※バナー使用規約    ※相互リンクについて
取得100%保障 実績 最短 無料 全国対応 確実 低価格 完全サポート 完全取得保障 取得方法 ガイドライン 費用 運用 制度 メリット 認定機関 指定期間 取得事業者 付与機関
取得事業者一覧 推進センター 申請 審査員 正会員募集 賛助会員募集 ISO 国際標準化機構 プライバシーマーク Pマーク 認証取得支援 認定審査機関 コンサルティング会社
コンサルタント 完全無料見積もり 費用比較 資料請求 セミナー研修 マークブランディングプロデューサー『MARK MAN』 Produced By 僕俺(ぼくおれ)株式会社


あらゆるマーク認証取得の総合卸問屋       マーク認証取得支援コンサルティング × 営業代行マーケティング = マークブランディング

マークブランドプロデュース協会関連団体企業
マーク付与認定指定機関・普及促進関連団体の方 MarkOwner PressRelease Column
マーク認証取得支援関連企業および団体の方 MarkConsultant PressRelease Column
PR・ブランディング関連会社の方 Mark PR Brand PressRelease Column
MarkTimes.comが認める認証取得企業 MarkBrandGroup PressRelease Column
新たなマーク普及促進に意欲的な企業・団体 NewMarkCreator PressRelease Column
マークブランドプロデュース協会特別参加枠 MarkBrandPeople PressRelease Column



Copyright(C) BokuOre Inc. All Rights Reserved. マークブランドプロデュース協会 僕俺株式会社 たまご広告 四両資料.COM 僕俺グループ Privacy Policy