らゆるマーク認証取得の総合卸問屋『マークブランドプロデュース協会』マーク普及促進と企業ブランド構築 認証取得支援コンサルティング 僕俺株式会
      
い/簡単/格安/選べるマークの資料請求比較サイト『マークタイムズドットコム』が成功させるマークブランディング 認証取得コンサルタント完全無料紹

      

  

              

        
   

支援実績

Q&A

ISO・マネジメントシステム

ISO9001

ISO14001

ISO27001

プライバシーマーク

ISO13485

ISO22000

HACCP

ISO20000

OHSAS18001

ISO/TS16949:2002

ISO17025

ISOの統合・リフォーム



NGOとは

NGOとは

非政府組織(ひせいふそしき、英: Non-Governmental Organizations, NGO)は、民間人や民間団体のつくる機構・組織であり、国内・国際の両方があります。日本では、NGOという言葉が、国際的なものとして使われており、「国際協力に携わる組織」や「政府を補完する側面」というような場合に使用されます。

・概要・定義
軍縮や飢餓救済、環境保護などの問題に関わる活動をおこなう非営利組織。国際NGOはその数一万七千以上に上るといわれ、多様で広大な広がりをもちます。慣習的に、国際的に活動するものを非政府組織・NGOと呼ぶ場合が多い。特に緊急時の援助活動や地域住民の福祉の向上を目的とするものは民間援助団体ともよばれます。赤十字社連盟、国際商工会議所 (International Chamber of Commerce, ICC)、世界労連 (World Federation of Trade Unions, WFTU)、国際自由労連 (International Confederation of Free Trade Unions, ICFTU)、よく耳にするYMCAや、YWCAなどがあります。いずれも本部事務所を持ち、世界に支部をもち、活動国も多くの国々です。ブリュッセルの国際協会連合[1]の国際団体名鑑の7つの基準によれば、

1.目的 - 真に国際的な目的を有していること。
2.メンバー - 三カ国以上の個人または団体が、完全な投票権を得て会員となっていること。その団体での活動分野での有資格者(団体を含む)に加入が開かれていること。
3.規約 - 規約を有し、管理機関、および役員を会員が定期的に選出すべきこと。本部事務所を有し、活動に継続性があること。
4.役員 - 一定期間すべての役員を同一国民が独占している場合には、本部所在地ならびに役員を一定期間ののち、持ち回りとしていること。
5.財政 - 活動資金の実質部分を三カ国以上から得ていること。会員への利益配分を意図しないこと。
6.他団体との関係 - 他団体と正式な関係を持っている場合には、独自の活動をなし、別個の役員をもっていること。
7.活動 - 現在活動していること。
国際NGOは国連憲章第71条[2]の精神から国連憲章における協議資格を持つNGO と 国連憲章における協議資格を持たないNGOがある。国連は経済社会理事会 (ECOSOC)[3]を通して民間団体と協力関係をもつこと。NGOと取り決めを行い、その国の政府と協議のうえ、国内NGOとの間で行うことができる。

・NGOの定義
「政府間協定によって成立したものでない国際団体を協議取り決めの対象とし、政府が任命したものを含んだNGOにしても、そのことによって表現の自由が妨げられないことを条件とする。

・国連憲章に基づくNGO
国際連合憲章においては、非政府組織(英語ではNGO)は、国際連合と連携を行う民間組織と定義されている(国際連合憲章の当時の日本政府訳(昭和31年条約第26号)では、単に「民間団体」と訳されている)。そのためこの文脈での非政府組織は、国際連合と協力関係にある国際組織と同義と考えられる。実際に、国際連合が連携・協議する国際的な非政府組織は、国際連合NGOとも呼ばれ、国際政治を動かすほどの影響力を持つ。国連はECOSOCを通して民間団体と協力関係を持ち、協議によりNGOとの間に取り決めを行うことがある。国連で実際上除外されているのは、営利団体、政党、基金の類である。

・協議上の地位
決議はNGOの協議上の地位を三つに分類しています。

ECOSOCの活動の大半に関心を持ち、国際経済、社会、文化、教育、衛生、科学、技術、人権の分野で国連の目的達成に貢献し、国際的に知名度があり、多くの人々を代表とする。
ECOSOCの活動分野の若干に関心を持ち、その分野で国際的に知名度があること。人権に関心あるNGOは人権全般に関心を有するものであること。
上記二つに該当しないが、ECOSOC、同下部機関ないしその他の国連機関に有益な貢献をすると認められるもの。
協議上の地位停止と撤回
決議は協議上の地位の停止および撤回を定めている。とくに以下の場合三年間地位停止ないし撤回が決定される。

秘密裡に政治資金を受領して、これを国連憲章の目的と原則に反する行為のために使用するとき
国連憲章の原則に違反して、計画的に、実体のない政治行為に従事するとき
過去三年間に渡ってECOSOCおよび下部機関の事業に何らかの貢献もないとき
人権NGO
全体主義的な人権抑圧主義にある国が戦争を起こしやすいとの見解から、第二次大戦後は人権擁護を基本精神の一部にすることを連合国側は構想していました。人権、基本的自由を尊重する考え方は国連主要目的の柱の一つになりました。(国連憲章一条三項) 人権NGOの舞台は、人権委員会です。委員会は43名の政府代表で構成され、3年を任期とします。日本は1982年以来今日までメンバーです。

・国連憲章に基づかないNGO
現在は国連憲章の枠を超えてECOSOC以外の多くの国連諸機関と広範囲で関係するようになってきています。

1.総会関係・・・国連憲章の規定にカバーされないNGOの協力に総会関連機関があります。CONGOに代表されるNGOの最大の不満だからです。ナミビア理事会、非植民地化委員会、反アパルトヘイト特別委員会、パレスチナの権利委員会などは通常総会は出席出来るのみの権利しかないことや、すべての下部機関全体についてECOSOCにおける協議の権利を確保されていないことであり、各機関によって認められた権利は一様でなく、概して消極的なものしか与えられないことなどです。パレスチナについては1983年にICCPが設置されました。また、開発のための科学技術委員会も存在します。大学、研究所、多国籍企業らの広い意味でのNGOとの協力を不可欠と考えて設置されました。国連環境計画 (NEP)があり、関連したもので国際湖沼環境委員会 -ILECがあります。国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR)もそうです。
2.ECOSOC関係 - 国際連合児童基金(ユニセフ)執行理事会の手続き規則は、オブザーバーとして次のものを挙げます。
総会がオブザーバーの地位を与えた民族団体。
ユニセフでの協議上の地位をもつNGO
ユニセフNGO委員会
ユニセフ国内委員会
3.人権委員会 - ECOSOC下部機関である人権委員会におけるNGOとの協議とは別個系列で発達した人権通報(Communication)というものがあります。国内の人権侵害を訴える通報には、内政不干渉の立場を国連はとってきましたが、1968年の国際人権会議(テヘラン)を経て人権擁護に深く踏み込み、通報の要件を改定しました。「一五〇三手続」という。市民的政治的権利に関する国際規約とその選択議定書によって扱われるべきもの と 一五〇三の手続きに二分される。日本は規約には加入したが、議定書には加入していません。
4.婦人の地位委員会・・・1970年に決議一五〇三(XLVIII)が採択されたことに鑑みて1974年以降通報の審議を中断していましたが、1982年通報のための特別委員会が設置されました。公権力により拘禁中の女性に対する暴力、強姦、性的虐待、妊婦への手荒い扱いなどがみられ、ECOSOCは関係加盟国に対してこのような暴力をなくすよう早急に適切な措置をするよう求めました。
5.安全保障理事会関係・・・安保理事会と軍縮会議も国連憲章の枠を超えた内容になっています。ジンバブエとして1980年に独立する以前の南ローデシア白人少数政権に対する経済制裁に関してです。宗主国のイギリス、欧米諸国らとの経済的結びつきから制裁破りの経済活動が横行しました。委員会は制裁破りの活動に関して正確な情報を寄せるよう勧告し、理事会で承認された。1979年9月独立へ向けて制裁会議を開くとの合意が成立し、理事会は制裁解除を決定し80年4月南ローデシアはジンバブエとして独立を達成しました。
非政府組織の法人格 [編集]
上述のとおり、非政府組織は国際的に活動する団体を特に指すことが多い。これは非政府組織と同様に国際的に活動する各国政府や国際機関との対比によります。

同一の団体・組織であっても、所属する国内の法人格としてはNPO(Non-Profit Organization, Non-Profitable Organization; 非営利団体)、国際的な通称としてはNGO(非政府組織)と標榜することが多い。その為、国際的には非政府組織として認知され、かつ国内法上は非営利団体や特定非営利活動法人として扱われます。 非政府組織の多くは、所属国内の法律において法人種を非営利団体(特定非営利活動法人)、財団としている場合が多いが、法人格として会社であっても非政府組織となり得ます。


【マークブランドプロデュース協会関連団体企業】

マーク付与・普及促進関連団体の方はこちら!

マーク認証取得支援関連企業および団体の方はこちら!

PRブランディング関連会社の方はこちら!

当ウェブサイト経由でマークを認証取得した企業および団体の方はこちら!

新たなマーク普及促進に意欲的な企業および団体の方はこちら!

マークブランドプロデュース協会より特別に許可された企業および団体、個人の方はこちら!




成功するマークブランディングとは ・・・ 

マークブランドバナー使用について

マークタイムズドットコムキーワードについて
【ひとつでもピンときたらお問い合わせを!



   



        

   

マーク一覧  マークブランディングとは?  MarkTimes.com 基本理念  ニュース  ブログ  採用情報  ご質問  サイトマップ  English  

ホーム サービス案内 サービス導入事例 会社情報 採用情報 パートナー 協会のご案内 広報リリース 販売統計 入会のご案内 資料ダウンロード
おすすめまーく 資料請求のメリット 弊社サービス8つの強み 社長メッセージ コーディネーター紹介 クライアントの声 導入事例・実績 導入の流れ・サポート体制
Choose Your Lovely Mark 資料請求・お問い合わせ MARK MAN 成功するISO認証取得のコツ コンサルティングプラン セミナー 支援実績 Q&A

■プライバシーマークについて   ■ISOについて   ■プライバシーマークとISOの比較   ■当サイトの利用方法

ISO9001(品質) ISO14001(環境) ISO27001(情報セキュリティ) プライバシーマーク ISO13485(医療機器) ISO22000(食品安全) ISO9100(航空宇宙) HACCP ISO20000(ITサービス) OHSAS18001(労働安全衛生) ISO/TS16949(自動車) ISO17025(試験・校正機関) ISOのリフォーム ISOの統合

■マークブランディングとは?■ ■マークを知ってもらう!■ 国マーク 省庁マーク 官公庁マーク 行政マーク 役所マーク 都道府県マーク 市町村マーク
地方公共団体マーク 財団法人マーク 社団法人マーク 公益法人マーク 独立行政法人マーク NGOマーク NPO(特定非営利活動法人)マーク 医療法人マーク
社会福祉法人マーク 宗教法人マーク 監査法人マーク 弁護士法人マーク 税理士法人マーク 司法書士法人マーク 社会保険労務士法人マーク 行政書士法人マーク
特殊法人マーク 許可法人マーク 中間法人マーク 特別民間法人マーク 企業ロゴ・マーク 業界団体マーク 研究機関マーク 任意団体マーク 協同組合マーク

営業代行支援サービス 営業一括代行 営業アウトソーシング コンサルティング テレマーケティング 営業マン派遣 各種代理店制度 WEB戦略 FC展開
クレーム処理収集 ブランディング 営業代行最適化 多面的進化型営業局 マークタイムズドットコム MBP協会について 無料広告掲載のお申し込み

 【MBP協会関連団体企業】
・マーク付与普及促進関連団体  ・マーク認証取得支援関連企業  ・PRブランディング関連会社  ・マーク認証取得済み企業  ・新マーク創造開発普及促進

■士業のみなさまへ!  ・弁護士MARK! ・司法書士MARK! ・税理士MARK! ・会計士MARK! ・弁理士MARK! ・行政書士MARK!
 ■士業をMARKする!  ・中小企業診断士MARK! ・社会保険労務士MARK! ・経営コンサルタントMARK! ・保険コンサルタントMARK!

●マークブランディング  ●シンボルマークブランディング  ●トレードマークブランディング  ●キャラクターブランディング

※バナーの使用について    ※バナー使用規約    ※相互リンクについて
取得100%保障 実績 最短 無料 全国対応 確実 低価格 完全サポート 完全取得保障 取得方法 ガイドライン 費用 運用 制度 メリット 認定機関 指定期間 取得事業者 付与機関
取得事業者一覧 推進センター 申請 審査員 正会員募集 賛助会員募集 ISO 国際標準化機構 プライバシーマーク Pマーク 認証取得支援 認定審査機関 コンサルティング会社
コンサルタント 完全無料見積もり 費用比較 資料請求 セミナー研修 マークブランディングプロデューサー『MARK MAN』 〝Produced By 僕俺(ぼくおれ)株式会社〟


あらゆるマーク認証取得の総合卸問屋       マーク認証取得支援コンサルティング × 営業代行マーケティング = マークブランディング

マークブランドプロデュース協会関連団体企業
マーク付与認定指定機関・普及促進関連団体の方 MarkOwner PressRelease Column
マーク認証取得支援関連企業および団体の方 MarkConsultant PressRelease Column
PR・ブランディング関連会社の方 Mark PR Brand PressRelease Column
MarkTimes.comが認める認証取得企業 MarkBrandGroup PressRelease Column
新たなマーク普及促進に意欲的な企業・団体 NewMarkCreator PressRelease Column
マークブランドプロデュース協会特別参加枠 MarkBrandPeople PressRelease Column



Copyright(C) BokuOre Inc. All Rights Reserved. マークブランドプロデュース協会 僕俺株式会社 たまご広告 四両資料.COM 僕俺グループ Privacy Policy